▶2021年03月13日

SNSなど

[予定]

Twitter(更新頻度高め)
Instagram(1日ほぼ2回更新)
note(気が向いたら更新。あまり向かないけど)
BOOTH(Tシャツ屋さん)

投稿者 tomonokatsumi : 17:44 | コメント (0)

▶2021年04月15日

21/4/10(土)GHETTOプロデュース「Night Carnival」シアターブラッツ

[日記]

タイミングが良くなかったところはあって、前日にみたお芝居が面白すぎたし、その中でセンスが古いと揶揄された演出方法が出てくるし、逆の順番で観ていれば両方とも少し違った気持ちで観られたのかも知れない。

とはいえ、やることをきちんとやって、話としても(気になるところがないわけじゃないけど)きちんとまとまって、それぞれの演者さんのお客さんも(おそらく)満足させて、なので、自分が満足出来なかったのは、単に自分には合わなかったっていう話なんだと思う。

投稿者 tomonokatsumi : 16:23 | コメント (0)

21/4/9(金)コンプソンズ 「何を見ても何かを思い出すと思う」「劇」小劇場

[日記]

自分が好きな芝居を観にいくと大抵コンプソンズの名前が出てくる。と言うわけで観に行ってみようというやつ。

ものすごくゆるっと始まり、(ゆるっと始まるのは好きなんだけど)もしかしてこれは合わないやつかも?と不安になったのだけど、場所も時間もめまぐるしく入れ替わり、登場人物も客席も一緒に翻弄され、最後は芝居の中でつくったルールを芝居の中で壊して、みんななんとなくハッピーになりまして、うん、舞台だから成立することを舞台でやっている感じで、とても面白かった。

投稿者 tomonokatsumi : 16:23 | コメント (0)

▶2021年03月27日

21/3/14(日)盛夏火 最終団地演劇『アバンダンド・ネバーランド』

[日記]

団地演劇の観劇は2本目。
前回と同じ団地の、前回と同じ部屋での公演だけど、舞台と客席の位置が逆になっていました。
あいかわらず、集合の時点で事務仕事をしながらお芝居が始まっていて、本編が終わったあとの物販も、登場人物が全員新しい世界に旅立ったあともお芝居の状況が持続していて、とても良い!ってなりました。
前回は内容よりも手法に目を奪われたけど、今回は、もちろん全部が自分好みっていう訳では無いけど、前回よりもだいぶ好みでした。面白かった。
また新作を観たいなぁと思うのだけど、団地が解体されるらしく、団地演劇は今回が最終回だそうです。残念。

投稿者 tomonokatsumi : 23:51 | コメント (0)

▶2021年03月18日

21/3/1(月)劇団地蔵中毒『宴たけなわ 天高く円越える 孫世代』ザ・スズナリ

[日記]

スーパーお気に入りの地蔵中毒の3ヶ月ちょいぶりのお芝居。
やっぱり愛の話なのかなぁ、愛の話なんだろうな。
無自覚な本物の天才と、天才になりたい努力家の話で、でも、努力家が努力の末に世界を変える話だからハッピーエンドなんだろうな。(改めて考えたら、毎作品ハッピーエンドなのかも知れない。)
それにしても、ものすごく勇気があるボケが続くと言うか、そこが(も)良いのだけど、いや、そもそも全員に伝えたいとは考えて居ないのかな。
というか、なんで南アルプス市が舞台だったのかな、前の、蒲田が舞台だった時は、まぁ蒲田だから蒲田なんだろうなと思っていたのだけど、南アルプス市は(自分が知らないだけで)蒲田の仲間なんだろうか。でも、きっと特に意味はないんだろうなと、想像が出来てしまう感じと、そういう意味づけが必要が無い勢いがあるのが凄いってことなんだろうな。
次作も楽しみです。

投稿者 tomonokatsumi : 11:24 | コメント (0)

21/2/23(火)ナイスコンプレックス N31「キスより素敵な手を繋ごう」あうるすぽっと

[日記]

大きい小屋で、出演者さんも豪華で、(たぶん)きちんとお金がかかっているきちんとした舞台で、きちんとした愛の話で、きちんとした舞台はきちんとしてるなぁと、きちんと涙を流しながら思いました。

同じ場所で、時間がバンバン飛ぶ系で、シーンごとにナレーションが年月日を言うのだけど、(おそらく)演出上大事なのは年の単位だけなのに月日まで言うから、あれ?さっきのシーンと前後はどっち??ってなってしまって、もう少しわかりやすく(情報を整理)してくれれば内容に集中出来たのなーっていうのはある。(けど、不満らしい不満はそれぐらい。きちんとした舞台でした。)

投稿者 tomonokatsumi : 11:23 | コメント (0)

21/2/20(土)第名優座第三回定期公演「桃太郎の大冒険」阿佐ヶ谷シアターサンシャイン

[日記]

なるほど、そういうパターンか!という驚きもあって全部が全部楽しめなかったわけでは無いのだけど、しかし、話の根幹に関わる人間が愛し辛いポンコツで、うーんという気持ちになってしまい、きちんと楽しめませんでした。なんであの人(達)がああいう行動をしたのかが理解出来ないんだよなぁ。

投稿者 tomonokatsumi : 11:21 | コメント (0)

▶2021年01月22日

21/1/9(土)東京にこにこちゃん『さよならbye-bye、バイプレイヤー』荻窪小劇場

[日記]

ほぼ1年前にみた『ラストダンスが悲しいのはイヤッッ』がとても好みだったので期待値大きめで。

そして、非常に舞台っぽいお芝居で十分に面白かったのだけど、もしかしたら、ラストダンスの方がこの劇団にとってはイレギュラーな話だったのかな?という感じで、面白かったのだけど前回ほどの衝撃は無くて、いやいや、前回の衝撃は初めて観た所為だったのかもしれない。いや、前回のは異常者が集まって人を救う話で、今回のは普通の人が集まって雨降って地固まる話で、もしかしたら、自分が単に変な人をみたいだけなのかも知れない。などなどなどなど。大前提として、存分に面白かったのですけども、前回が自分の好みすぎた。

投稿者 tomonokatsumi : 00:31 | コメント (0)

20/12/26(土)盛夏火 団地演劇Vol.4 1/2 蟹座(裏)

[日記]

地蔵中毒の役者さんが何人か出ていて、自分が好きそうな感じがぷんぷんしていたので。

劇場ではなく普通の団地の部屋での公演ということで、まず道端に集合。この時点でだいぶ異様な雰囲気で楽しいし、役者さんは事務的なこともしつつ役の人として振舞っているし、公演場所に移動する段階から芝居(状況説明?)が始まってそれも楽しい。

内容自体は、てんやわんやって感じでてんやわんやでした。面白かったと思っているし、たぶんまた観にいくとも思うのだけど、自分が好きなのは、芝居としてよりも手法がなんじゃ無いかという感じがする。

投稿者 tomonokatsumi : 00:29 | コメント (0)