« うどん、おじや、四ツ打ちクラブ | メイン | 五線紙 »

2005年11月06日

0と1の間にあるもの

金曜日。

6時に寝て、8時に起きるのは無理な話しでした。
9時半に玄関のベルがなって目が覚めました。
ボサボサの髪の毛で、眼鏡で、工事屋さんを出迎えて、
30分後にはうちにある3台のテレビ(うち2台はちゃんと写らない)で
地上波デジタル放送が観られるようになりました。
チャンネルを合わせてからちゃんと写るまで時間がかかるようになったし、
横長の画面になっても6:4と兼用だから重要度の低い画だし。
とはいえ、防衛庁跡のビルがちゃんと建つとアナログ放送がみられなくなっちゃうらしいからシカタが無い。
そして、すでに地上派デジタルチューナー入りのHDDレコーダーが欲しくなっている自分。
その前にイスを買おう。

夕方から打ち合わせだったのでそれまで作業。やっとヒントが見つかった。けど、あんまり進まない。

打ち合わせの後、写美。期待していた方があまり面白く無くて、期待していなかった方が面白かった。

あまりにもクタクタだったので久しぶりにマッサージに行って、
カルボナーラをつくろうと思いながら帰って来て、
でも、牡蠣ラーメンを食べて終了。

仕事をしようと思ったけど早く寝て早く起きる事にして終了。


土曜日。

早く起きるつもりだったけど、起きたら昼前。いつも通り。
寝過ぎて頭が痛い、肌のはりがいい。(浮腫んでいるだけかも知れないけど)

そんな訳で冷や汗をかきながら作業。胃が痛い。

昨日の夕方までに終わっていたかった事が終わったのは今日の夕方。
まる1日遅れ。このペースだと間に合わなくなる。

晩ご飯は実家で食べて、お風呂も実家で入って、
NHKスペシャルが面白かったので結局最後までみて帰ってきました。

さー仕事仕事。


NHKスペシャルの事。
結局、感情も運動もなんもかんも化学反応と電気信号なんだから
それを特別価値がある物として考えるからややこしくなるのかなと思いました。
でも、ロボットマウスは衝撃的。
病気の治療の次は特定の能力のクロックアップ。
知識を最初から読み込めるようにしておく、とか。
お金のある無いの差がどんどん広がっていきそう。
筋肉を効率良く動かすためのコンバーターとか。
そしてメンテナンス代のために働くのだ!


タイトルの話し。

デジタル放送をみられるようになって、現状ではアナログの方が便利で、
それは、デジタルで来たものをアナログに変換する間に自分がイライラしている。
でも、0と1の間の曖昧さがなくなったおかげで画像の復元率があがってゴーストが無いから抜群に綺麗。
すでに六本木のビルの影響でゴーストが酷くなっている、っていうのも多いにあるんだろうけど。

で、その0と1の間の曖昧さを表現するためにより0と1の範囲を細かくして、
標本の数を増やして行くって事なんだろうけど、
これってどんどん突き詰めて行ったら素粒子の有る無しになって、
それは0と1で表現できるんだから結局世の中はデジタルじゃん。

って思いました。

さー、仕事仕事。

投稿者 tomonokatsumi : 2005年11月06日 00:18

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?