« しゃべったりはしゃいだり録ったり。 | メイン | ライブと学校 »

2011年07月20日

16日から19日のこと。Qのこと。

16日。

そもそもなんでこんなスケジュールで動いてんだって話しなんだけど、フリーで仕事をしていると何かを断るというのはとても難しいことなのです。でもカラオケの打ち込みとかは苦手な上に面白く無いから断りますけど。

そんな訳で、東京タワーの近くのホールに機材を運び、人に託してから池袋に向う。

良い天気。


Qは初の3回公演で、でも3回だからと言って(問題が無かった訳じゃないけど)ダレることも無く出来たんじゃないかと思います。空回りすることもあったり、間違う事もあったりはしたけどきちんと全員が真剣に向かいあっている感じ。

で、夜は家に帰って別件仕事。フリーで仕事をしていると(略


17日。

3回公演2日目。

全体としては昨日と同じ。朝まっすぐ池袋に向った事と終わった後に機材の引き取りがあったこと。


18日。

昨日の夜に頑張った成果をアップしたり送ったりしてから池袋に向う。これで安心して打ち上げを楽しめます。

この日は昼と夕方(?)の2回公演。千秋楽の勢いだけで進まない良い舞台だった気がします。

で、片付けて、打ち上げ。二次会も行ったのだけど寝てしまいました。飲みの席で寝たのっていつぶりだろう。いつぶりだろ??


19日。

朝に寝て昼前に起きる。水面下ノ音のリハに行く。リハ自体が久しぶりなので忘れ物をしていないか緊張。7日のドラハイでいろいろつかんで来たらしく新しい考え方が色々出てきて楽しい。

夜は弁天でAkitoshiKurodaBandを観る。こういう良い音楽に沢山お客さんが来る様になると良いのにな。


Qのこと。

原響哉っていう、楽団の鍵盤弾き&作曲家の役をやらせてもらいました。

背景も含めてまじめにいろいろ書こうと思っていたけど、やめた。板の上でその時起こったことがすべてで、それを観てくれた人たちが感じてくれたことがすべてなんだろうなぁ。今度、どういう人間に見えたのか教えてもらおう。

自分で面白かったのは最後の歌を弾いている時に少し涙が出そうになるのだけど、響哉さんはきっともの凄く嬉しいはずだ。と思う事。芝居の面白さっていうのはきっとこういうところなんだろうな。

とにかく、まさかこの歳になって初舞台を踏むとは思っていませんでした。しかもセリフもあるし。でもとても良い経験をさせてもらいました。少なくとも大きく足をひっぱる用なことはなかったと思えるぐらいは色々出来ました。

うん、楽しかった。楽しかった。少しの間抜け殻になりたいけどそうもいかない。

投稿者 tomonokatsumi : 2011年07月20日 09:14

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?