« 学校、映画、映画 | メイン | 昨日の続き »

2013年06月22日

音のくひとり旅

音のくひとり旅っていう1人ユニットをやっていまして、ableton Liveのトラックに音源だけ並べておいて、後はひたすらその場で打ち込みをするっていうやつでして、システムをもうちょっとこうしたい!ってのがあったり、他にやることがあったりでちょっとポイポイしてたんです。

ここのところちょっと時間が出来たので久しぶりに音のくと向かい合っていたのですが、ドラムは悔しいけどループを仕込んでおいてnanoPADで出す事にしちゃおうかなぁ、そういやLive用の新しいコントローラーが出たんだっけ、おぉステップシーケンサーが出来るのか!これがあればループを仕込まなくてもなんとかなりそうだ、仕方が無い、買うか。お?どうやらMax for LiveとNovation LaunchPadがあれば同じ様な事が出来るっぽいぞ。でもMaxがいるのかー金額のことを考えるとPushの方が良いかもなぁ。なんか他のでどうにかなんないかな、ん?このiPadアプリはなんだろう??っていうことでGriid Proに辿り着きまして、なんだこれ、良いじゃん!安いし、Liveも8のままで良いし!

っていうのが木曜日まで。

で、実際使い勝手は完璧では無いのだけど十分満足出来るレベルで、何回か試してみてこれはいける!となりまして、こっちをメインにすればnanoKontrol無しでも大丈夫かもな、あ、でもちょっとボタンが足りない、うーん、PCR50のボタンとスライダーでどうにかなるんじゃね?あ、なった。

あとは映像だよなぁ。水面下ノ音にしろ音のくにしろ、音出しマシンと映像マシンを1台でやらせるのはあまり良く無いのはわかっていて、でもMIDIをPC同士で共有するのが意外と面倒で、WifiにMIDIを載せるのはOS標準の機能で出来るのだけど、前に試した感じだといまいち速度と信用度が。できれば直結したい、あとiPad miniも出来れば直結したい。

仕方が無い、インターフェース&パッチベイを買うかー、え?品切れ?あれ?新製品が出るのか、でもまだ出てないのか、あららー。しかもちょっと高いな。まぁしゃあないか。出てから考えるか。とりあえず今家にあるものでMacBookPro→MacBookだけでも試してみよう。これをここにつないで、あれ?PCR50に普通のMIDIポートもついてんじゃん、じゃあここでいいか、あれ?ProFIre610にも(AudioFire2にも)ついてんじゃん。あはは、これで済んじゃうよ。良かった買わなくて。うんうん、データもちゃんと流れてる。良かった良かった。

という訳で、もろもろ大丈夫な確証が得られたので四谷アウトブレイクのbooneさんにメールして、8/8と8/20と四谷アウトブレイクでライブをやらせてもらうことになりました。さぁ、事故るぞー。

で、今度はQuartzComposerと向き合ったんですが、前に諦めたことをうまく解決出来て、その勢いで色々試して、テンション上がる。で、少し明るくなってきちゃったので寝ました。

投稿者 tomonokatsumi : 2013年06月22日 14:22

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?