« リハとか映画とか | メイン | アルコール漬け »

2014年05月10日

良い音楽のこと

8日

アレンジャー&ディレクターでお仕事レコーディング。ピアノを榊原大さん、ベースを佐久間明弘さん、ギターは晃年で、ドラムはねーさんで、ちょっと古いアメリカのフォークロックから日本のフォークっぽい感じのをどかんと5曲「せーの」でお願いしていきました。

そしてやはり恐ろしく素晴らしく、ほぼ全ての曲が2テイクで終わり、ブルース感が旺盛なやつなんて2テイク録ったけど結局1テイクめだよね、とか。

自分はそれをコントロールルームでにやけながら聞いているだけの仕事。電車で帰れない可能性があるから車で行ったのに全然余裕で終わってしまいました。

やっぱり巧いっていうのはもの凄い価値があるなーって感じた1日。

金額だったり状況だったりで、出来るだけ素で録って、後から加工することが多いのだけど、(そしてそれを変える気も無いのだけど)、きちんとプロセッシングをした上で、しかもアナログテープに録るっていうことの良さも体験出来たし、色々含めて良い仕事をさせて貰えました。ありがとうございます。ってまだ終わってないんだけどね。


で、ちょっと実家に寄り道して帰宅。


9日

午前中に仕事とライブの準備。仕事がちょっとやばいかもなー、アクセルぶぉんぶぉんで行かないとなー。

さてそろそろ家を出なきゃっていうところで、あ!今日の待ち時間にこれをやったら完璧じゃね?ってのを思いついちゃったので大急ぎでデータのコピーとかなんやらかんやら。

こりゃ遅刻だなと思ったんだけど、なんだか間に合いました。普段220円のところを730円払ったけど。

サウンドチェック前にねーさんから大爆笑話しを聞かされて自分のテンションが激上がりでやばい。お久しぶりのフェイズは相変わらずでやりやすくて楽しい。

待ち時間にもちゃんとラフミックスが作れたし、それの確認も出来たし、

本番も楽しかった!!!!結局良い音楽は良いコミュニケーションだよなーと実感してきました。
2日間も楽しいことが続いちゃうと反動が多少怖くなるところもあるけど、まぁそれはそれで仕方が無いかー。


家に帰って、アルコールをもうちょっと抜いてから寝たいし、今日のラフのやつももう少し見える所までやっておきたいし、で手を付け始めて、結局空が明るくなるぐらいまでやっちゃって、でも一応お尻まで行ったから良いか、でも明日の午前中にやろうと思っていた仕事はどうしようね、うん。みたいな。

投稿者 tomonokatsumi : 2014年05月10日 12:11

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?