« 2017年08月 | メイン | 2020年03月 »

2017年09月22日

沖縄

9/17に沖縄で披露宴があったのでお邪魔してきました。きちんとした披露宴で(スーツのパンツを忘れて行ってバタバタさせてしまったりはしたけども)良いお式で楽しかったです。もちろん二次会も!

で、18日か21日まで沖縄一人旅をしてきたので、そのことを箇条書き。

写真はインスタで。

18日

北の方。牛肉そばがシンプルで美味しかった。とにかく色々シンプル。ヤンバルクイナの展望台がすごい。色々すごい。美ら海水族館、ジンベイザメの餌やりを観てから、名護の宿に行く。それから名護をウロウロして、泡盛を飲んでおしまい。

19日

背底島の海をするっと見て、干潮に合わせて備瀬、今帰仁城跡、古宇利オーシャンタワーをグルグルして、名護の宿にいったん戻って、オリオンビールの工場見学、ヤギ汁(汁は美味しかったけど肉はちょっと苦手だった)、宿に戻って仕事。真面目。

20日

南に向かって移動。海中道路を通って伊計島まで。うるま市で休憩してから、コザを通って、北谷のアメリカンビレッジ。浦添城跡前田高地、首里城、那覇。定食屋さんに行ってご飯を食べて終了。

21日

ガンガラーの谷、斎場御嶽、平和記念公演、ひめゆりの党、旧海軍司令部壕、瀬長島でおしまい。


海には入らなかったけど気になっていたところも、通りがかりで気になったところも割と行けた気がする。もともと狭い範囲に人が多かったのか、東京と比べると戦地が多い気がする。レンタカーを借りて良かった。沖縄戦絡みの場所は辛い。戦争前にその時代の戦争のやり方の勉強が足りなかったのが悪かったとは思うのだけど、勝てば官軍でもあるのだけど、捕虜の扱いとか、ルールが違うことをどう思っていたんだろう。

投稿者 tomonokatsumi : 12:24 | コメント (0)

全然書いてなかった!

結婚式とか披露宴に行きました。しかも2つ。重なる時は重なるものですね。

8月のは一緒に音楽をやっていた人のやつで、相変わらずで式自体も相変わらずで、誓いの言葉で笑うし、お久しぶりの人も沢山で、とにかく相変わらずで楽しかったです。

9月のは一緒にゲームをやっている人のやつで、想像以上にちゃんとしていて、あれれ?あれれ?ってなったのだけど、でも、そういうところもちゃんと回収していく新郎挨拶がもの凄く良かったです。

9月の頭の日曜日に収録仕事が被るという事態がありまして、というか、連絡があった時に、仕込みは別日だし、規模的にも手持ち+もともと手伝ってもらっている人の機材を借りればふた現場回せるんじゃね?ってなったので、ふた現場回してみました。回りました。良かった。

映画を2本みました。1本はきちんとひたすら悪うふざけをし続けて面白くて、もう1本はもともとは大好きな作品なのだけど、それがひたすら自分にとって好ましく無い方向に進み続ける感じで辛かったです。この感じは、ハーロックが妙に男らしくなかったCG版のキャプテンハーロック以来。元の作品があまりにも好きなので、その分こちらの方が辛かったです。という訳で銀魂は大体な演出たくさんあってとても面白くて、アニメ版の打ち上げ花火、下から見るか 横から見るかは最初の10分ぐらい?以降はひたすら辛かったです。

ここまで書いたところでダンケルクを観たのを思い出した!(たぶん)1度も敵のドイツ兵人間としての姿が出てこない不思議な映画でした。血も流れないし。でも人は沢山死ぬ。相変わらずのジトッとした緊張感がずーっと続く感じで、改めて考えて見ると、館脱出系のサスペンスなのかなぁ。もちろん面白かったです。

そうだ!パッションフラメンコっていうのも観ました!文化村にベルギー奇想の系譜展を観に行って、流れている予告を観たら「努力しないものには我慢できないの。さっさと消えて欲しいわ。」と言っていて、あちゃーこれはすごいってなりました。スパニッシュな音楽はとても好きだし。ピリピリしていていとても良くて自分の精神には辛い映画でした、観て良かった。手触りはビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサーに近い感じ。

ベルギー奇想の系譜展もちゃんと面白かったです。

ちゆこさんの舞台を観に行って来ました。緊張感バシバシだったけど良かった!!!楽しんでいたみたいだし。

CX-8を観て来ました。値段で悩む。

投稿者 tomonokatsumi : 10:50 | コメント (0)