« 2018年03月 | メイン | 2020年03月 »

2018年04月05日

CX-8の荷室容量とアイリスオーヤマのバックルコンテナ

3列目シートを外して貨物登録にしていたステップワゴン(RF1)の荷室にちょうど入っていた機材たちを、3人乗れる状態でCX-8の荷室に入れようと頑張った結果を書いておきます。

「なりそう」とか「厳しそう」とかは経験からの想像で書いているので違ったらごめんなさい。
あと、あくまでも自分の経験だけの話なので、やってみたら違うとかあったらごめんなさい。

車はXD PROACTIVEで2列目はベンチシートで、ハードタイプのラゲッジトレイをつけています。

3列目だけを倒した場合は
アイリスオーヤマ BL-65が2つとBL-45が2つ下の段に並んで、その上にBL-45が2つのります。おそらくBL-65とBL-45でも乗ります。窓の傾斜があるので手前側のプラケの上には積めません。上の段にBL-45を3つはバランスが悪くなりそう。

タイヤハウスがあるので、BL-45が横に3つ並ばないし、BL-65が横に2つ並ばないのがなんともです。でも、2列目を前に出せば、下の段にBL-45を5つ並べるのもできそうな気もします。

2列目は
2列目の6:4分割シートの6側にBL-45が2つのります。全部倒すとBL-45が3つか、BL-65が2ついけそう。上の段に重ねることも出来るのだけど、屋根の上が絞り込まれているので椅子の幅からはみ出すと重ねるのは厳しそうです。

サブトランの中の仕切りを外すと、BL-43がすっぽりと入る様になります。(中を見ると仕切りを外しても割と大丈夫そうだけどどうなんだろう。)BL-45とかBL-65だと上がはみ出してサブトランクの蓋が閉まらなくなります。)


ちなみに、3人乗りを確保しつつ乗せた機材は
BL-65×2
BL-45×3
BL-43×1

3U360のラックケース×3
3Uショートラックケース×2
2U360のラックケース×1
1U240のラックケース×1
1Uの標準よりも長いラックケース×1

スピーカースタンドっぽいマイクスタンド2m弱×2

ラックケース用の台車×1
薄型台車×1
台車×1

ここまでが3列目と2列目の6:4の6を倒した荷室+サブトランクに

長めのマイクスタンド×2
短いマイクスタンド×4
ケーブル保護用のゴムマット×3

を、2列目の足元に入れました。


参考になれば幸いです。

投稿者 tomonokatsumi : 10:11 | コメント (0)

2018年04月02日

この間からのこと

CX-8に機材を乗せて3人乗りを確保しよう作戦は、サブトランクの仕切りを外してみたり、プラケをどう載せるのか考えてみたり、新しいプラケを買ってみたりしてうまく行きそうな気配が濃厚です。(でもまだきちんと試せてはいない。)

ちょっと新しいことを初めてみました。知らなかったことをすると知らなかった話を沢山知れるのでとても楽しい。

お花見をいくつか。1人で御苑と、お花見という名目で部屋呑みと、1人で目黒川と、としまえんと、お花見という名目で部屋呑み(リフレイン)と。今の所、それから約束は後1つ。

前期の授業が終わった後に、生徒がこんなことを言っていましたよ話を聞いて、あぁーってなって、色々考え直さないとなというところもあって、授業計画を練り練り練り直し。わかってきた所もあるしあっちの授業も練り練り練り直しをしようね、なんだけど、技量がまだわからないのに計画を立てるって大変だよなー。(でも、それぞれの技量は作品の出来栄えには影響するけど伸び率の方が大事なのだから本来はそんなに関係ないはず、はず?)

自転車の車載動画を綺麗に撮りたいのだけど、振動をごまかす手段がなかなか見つからない。そんな折、父親からディアゴスティーニドローンを、持て余しているからという理由で貰ったのだけど、飛ばせる場所が近くにないことに気がつき、確かにこれは持て余しそうだ、になっています。部屋の中で飛ばそうとしたらやっぱり軽く事故りました。で、車載動画のこともあり、最近のドローンを調べてしまう。けど、買うのなら200g未満のにするべきだし、ジンバルが付いていないとあれだし、ということで、まずディアゴスティーニドローンで楽しむことを考えよう。

音のくひとり旅を自動演奏的に出来ないかなと考えはじめました。

投稿者 tomonokatsumi : 11:02 | コメント (0)