« 2019年09月 | メイン | 2019年11月 »

2019年10月14日

19/10/13日 座・シトラス アナザー公演 Vote Show - The Unknown - 大崎TUNNEL TOKYO

立ち上げからちょこちょこお邪魔させてもらっている人狼ゲームベースの即興芝居(&ゲーム)

即興なので演者さんによって満足度が大きく変わってしまうのだけど、そういう差があるのが即興劇の良さだし、難しい問題。

今回はキャラクターをつくってからゲームに挑むというやり方だったみたいで、なるほど!という感じ。

そのキャラとしてゲームを勝つ。というのが本来なのだろうけど、ゲームの勝ち方を考える時は演者さん
本人になってしまっている感じがありそうで、実際、そのキャラクターの考え方までシュミレートして動くってのはもの凄く大変なんじゃないだろうか。

お客さんがいる前提で、お客さんが吊る人を決める様な人狼のルールを考えてみたいなぁ。

投稿者 tomonokatsumi : 19:12 | コメント (0)

19/10/6日に観に行ったお芝居

ちょっとした縁があってどこかのタイミングで観に行ってみようと思っていた役者さんがいて、その人が出演するので、自分に合わないだろうなぁと思いつつ観に行ってやっぱり合わなかったという話し。面倒臭い人間だね。

ファンタジーもので映像もガンガン使っていく系だったのだけど、ファンタジーものは、その世界の基本的なルールに穴がみえると気持ちの持ち様が難しくなってしまうとか、映像を積極的に使う系は、プロジェクターに投影されるっていう現実的なやり方で気持ちが現実に戻ってしまうような感じ。(というほど、何にしろ没入しているわけでは無いと思うのだけど。)

というのが基本的に合わないところで、あと自分がアニメっぽいものを実写で再現されるのに慣れていない問題も大きいのもかも。2.5次元舞台が少し苦手っぽい。恥ずかしくなってしまう。(でもMCUとかダークナイトシリーズとか好きなんです。)

投稿者 tomonokatsumi : 17:10 | コメント (0)

2019年10月01日

19/9/29日 WeekendTheaterVol.16 赤と黒のオセロ〜2019〜 ARISE舞の館

知り合いが出演しているので観に行ってきました。しかし前回のお芝居があまり自分と合わなかったので期待値低め。でも感想を書くために思い返してみると結局面白かったのだと思う。

とは言え、前回ので猜疑心があるので、見終わった今でも面白さをきちんと受け入れられていない感じがある。(これは作品ごとにわけて考えるべきだという自分の考え方に反することなのでとても良くない。)

ひとり芝居を2つ合わせた様な構成で、それぞれの振りパート、2人いっしょに落ちパートという順番。(実際にそういうことをするのかな?という疑問はありつつ)良いどんでん返しでした。

最初の方で、整合性がおかしくないか?って思いながら聞いていた台詞も、そういうことならあり得るか。ってなったし。

役者としてはあまり合う役をやっていないなぁと思っていた知り合いも、感情がはっきりした役で、自分が観た範囲では1番良い演技に感じました。

結局、観に行ってよかった。という話。

投稿者 tomonokatsumi : 18:06 | コメント (0)